接待カラオケ断っていませんか?

営業職で仕事柄、お客様とお酒を飲む機会が多い。
そういう方、結構多いのではないでしょうか。

 

もちろん、お酒を一緒に飲もうと切り出すようなお客様であれば、カラオケを歌うことも楽しみにしているでしょう。
そして、自分だけ歌うなんて場が白けることような事はしたくないでしょうから、相手にも歌うことを勧める。
自然な成り行きですよね。これが、世に言う、接待カラオケです。
あなたは、積極的に接待カラオケをしているほうですか?

 

歌が下手だからといってお客様を接待している最中に、歌うことを拒み続けるのは限界があります。
どうしてもとせがまれ、一曲歌ったはいいが、ちょっとひどすぎて、これじゃ、歌わない方が良かったなんて事になるのも最悪です。
宴会芸のモチネタがあったり、話術が巧みで歌なんて歌わなくても全然、平気だっていう方なら、そもそも、歌が上手いとか下手だとかそんなこと気にもしないでしょうし。

 

ここらで奮起して歌、上手くなってみませんか。
歌って練習次第で次第と上手くなるようなモノなんです。

 

もちろん、プロを目指すほど上手くなるなんてお話しではないですよ。
人前で歌ってもだれも、下手だなんて思わない。
そういうレベルでいいと思うんです。

 

いつの間にかカラオケで歌うことが趣味になって、それ以上を目指すくらいになった。
そういうのも全然、夢でもなんでもない、よくある話しです。

 

自分の中で苦になることが一つずつ減ってゆく。
気になることが減ってしまえば、もっと他のことに集中して取り組めます。
逆に得意なことが一つでも増えていくと、仕事でも人生全般でも何かと便利です。

 

カラオケ上達なら、コレ。

♪ カラオケ接待、こちらから誘うくらいにカラオケが上手くなってみませんか?

カラオケが上手くなる方法って、ご存知でしたか?