カラオケ 上手くなる方法 発声のコツと3種類のテクニック

カラオケが上手くなる方法 発声のコツと3種類のテクニック

発声のコツと3種類のテクニック

歌を上手くなるためには、色々な基礎知識を覚えると上達が早くなります。
今回は、歌を歌う際の体の仕組みとして、声帯を取り上げます。
肺から空気が送り出され、喉の中で声帯が震え、その空気が口こうや鼻腔の中を通過することで声が出ます。
また高い声、低い声を出す際には、声帯が長く伸びたり、短く縮むことで筋肉の太さが変化し、中を通る空気を通り道の太さも変わります。
普段、意識することもなく声を出していますが、人は知らない内にこの筋肉を自由自在に操っているのですね。
この声帯を更に自在にあやつることが出来るようにするのが発声練習の目的の一つです。

 

発声方法には大きく分けて3種類のテクニックがあります。

 
響き

声帯で出した音を胸の部分で共振させるのが「響き」です。

 

もし、「響き」が上手くできていると、胸の部分が小さく震えるようになります。
手を当ててみると「響いている」ことを確認できるでしょう。

 

歌の練習はどれも同じですが、上手く歌おうとか、その効果が得られているか確認をしようとする意識が強すぎると知らず知らずに緊張をしてしまいます。
おそらくそのような状態で「響き」の効果を知ろうとしてもすぐには上手くいきません。

 

まずは肩をもみほぐし、何度も手をダランとさせるなどの軽い運動をし、軽く深呼吸をしてから気持ちを楽にして試してみて下さい。
あくびをしてみるのも効果的ですね。

 

その後、「響き」を体感できるかどうか試してみましょう。
「響き」が効いている状態だと、声に厚みが増しているはずです。

 

ヌキ

中低音に透明感を増し、一本「芯」の通った音にするのが「ヌキ」です。
中低音で声がこもってしまう、今一つ声が通らないという人は「ヌキ」が不足しています。

 

「響き」では声帯の音を胸のあたりに響かせていましたが、「ヌキ」ではおへそのあたりまで音を押し下げる意識が必要です。
上手くいくと、逆に声が頭蓋骨の裏側まで響くような感覚が得られます。

 

イキ

高音に透明感を増し、綺麗な歌声にするのが「イキ」です。

 

歌に自信がない方の中でも高音部分が特に苦手だという方は多いかも知れませんね。

 

声帯から出た音を、息とともに前方に押し出す感覚を持ってみましょう。

 

上手くできるようになると、高音部分の歌声に力強さと甘いやさしさが生まれます。

 

自宅でできるカラオケ上達法
↑カラオケが上手くなる方法のおすすめは、コチラをクリック↑